専業主婦 お金を借りる

収入のない専業主婦が借りられるのは銀行系カードローンだけ!その理由は?

貸金業法が改定され、年間所得の3分の1までしか借入ができなくなる総量規制という法律ができました。
消費者金融は貸金業法に基づいて営業しているので、自分自身に収入のない専業主婦は消費者金融でお金を借りられなくなりました。

 

一方銀行系カードローンは貸金業法ではなく銀行法に基づき営業しているので総量規制の対象外となります。
収入のない専業主婦がお金を借りることができるのは銀行系カードローンだけです。

 

銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローン会社区分 適用法と総量規制 主婦の申込み
銀行系カードローン 銀行法
総量規制対象外
収入のある主婦:借入可
収入のない専業主婦でも借りられる:借入可
消費者金融 貸金業法
総量規制対象
収入のある主婦:借入可
収入のない専業主婦でも借りられる:不可

 

収入のない専業主婦が申込めるのは銀行系カードローンだけです!
夫の注入証明なども不要で申し込みを家族に確認されることもないのでバレることもありません。

 

カードローン申込みの小技

申込みは借りる借りないに関わらず2社同時に申込むのがおすすめです。
万が一審査に通過できなかったら、審査に落ちたことが信用情報に記載されてしまいます。
そうなると次に申込む際に不利になる場合もあります。
2社どちらも審査に通過したらどちらか1社から借りればいいだけです。


カードローン会社が銀行系なのか消費者金融なのか、名前だけでは判断できない専業主婦の方に申込める銀行系カードローンだけをして紹介しています。
難しい手続きもなしのインターネット申し込みがおすすめです!

専業主婦が お金を借りられるキャッシング会社ランキング

イオン銀行カードローン

パートに出ている主婦だけでなく毎月の収入がない専業主婦でも利用できるのがイオン銀行カードローンの魅力です。
専業主婦は高額な融資を受けることは不可能ですが、イオン銀行カードローンであれば審査に通過すれば専業主婦でも50万円までの融資を得ることができます。
もちろん、担保と保証人を立てる必要はありませんから周囲にお金を借りることがバレることはありません。

 

>>詳細はこちら

実質年率 ご融資額 総量規制
3.8%〜13.8% 30〜800万円
(専業主婦の方は50万円まで)
対象外

レイク

新生銀行カードローン「レイク」は総量規制対象外のカードローンなので、専業主婦でも借入可能です。
夫に内緒で借りたい主婦に大変お勧めです。
さらに来店不要、申込〜融資まで全てインターネット上で手続きできる「即日振込みサービス」が人気です。
レイクATM&セブン銀行ATMなら全国どこでも手数料無料でご利用いただけます。

 

 

>>詳細はこちら

実質年率 ご融資額 総量規制
4.5%〜18.0% 1万円〜500万円
(専業主婦の方は30万円まで)
対象外

みずほMyWing わたし応援ローン
みずほ銀行のカードローン「みずほMy Wing わたし応援ローン」はみずほ銀行に口座がなくても申し込み可能です。

(申し込み後に口座を開設、返済は口座引き落としになります。)
限度額の範囲内であれば1円からでも借りられ、追加の借り入れもOKです。
カードローン専用カード発行なしでキャッシュカードで借りられるので、カードを見られても安心です。
日本を代表するみずほ銀行なら専業主婦も安心して借りられます。

 

>>詳細はこちら

 

実質年率 ご融資額 総量規制
年9.0%〜14.0% 10〜200万
(専業主婦の方は30万円まで)
対象外

 

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦のピンチ

仕事をしていない専業主婦の方がキャッシングを利用したいと思ったとき、申し込める業者は限られています。
今のところ仕事をしていない専業主婦の方が申し込めるキャッシング業者は、銀行が運営をしている銀行カードローンのみになっています。
なぜ銀行カードローンだけしか申し込みができないのでしょうか。

 

キャッシング業者は世の中にたくさんあります。
それぞれ属している業界があり、大まかに分けると

 

消費者金融系
信販系
銀行系

 

になっています。

 

先ほど述べた銀行カードローンは一番下の銀行系に属しています。
消費者金融系と信販系は申し込みができないというわけです。
これは貸金業法の総量規制という法律が影響しているせいです。
貸金業法は2010年に改正されました。
この改正により、総量規制が完全施行されたのです。

 

総量規制の中身は

 

年収の三分の一以上の借入禁止
配偶者貸付けについては夫の同意を得なければならない

 

などになります。

 

専業主婦に関係あるのは、下段の配偶者貸付けについて・・・という部分です。
夫の同意を得たと確認するのに、下記の書類の提出が義務付けられました。

 

夫の同意書
夫との婚姻関係を示す書類
夫の収入証明書

 

キャッシングを申し込むのに、これだけの書類を提出しなくてはならなくなったのです。

 

通常のキャッシング申し込みならば、身分証明書だけで提出書類はOKというところがほとんどですから、比べると提出する書類の多さが分かると思います。
申し込む側にとってもかなりの負担になりますが、受け取るキャッシング会社側も大きな負担がかかります。
書類を確認したり、不備を見つけ再度請求したりしなくてはなりません。
もし仮に不備が見つかった場合、管轄している財務局などから指導や最悪業務停止などになることも十分に考えられます。
法律に従って業務を行うとかなりのリスクを背負うことになることが分かるでしょう。

 

こういったリスクを考えた時に、いっそ専業主婦の借入自体を禁止してしまったほうが良いと判断した結果、現在は貸金業法に法って経営をしている

 

消費者金融系
信販系

 

のキャッシング会社では申し込みができなくなってしまったのです。

 

ですが銀行系の銀行カードローンは今でも専業主婦の申し込みは受け付けています。
なぜならば銀行カードローンは銀行が直接運営をしているカードローンになるからです。
銀行は銀行法に法って営業をしています。
貸金業法とは違った法律に基いて経営をしているため、貸金業法改正による総量規制の問題とは関わりがないからなのです。
専業主婦の方は銀行が運営している銀行カードローンへ申し込みをしてください。

 

いろいろある銀行カードローンの中で特に評判が良いのが以下の三社です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
新生銀行カードローン「レイク」
イオン銀行「イオン銀行カードローンBIG」

 

どれも一度は名前を聞いたことがある大手銀行が運営をしています。
知名度抜群に加え、大手銀行が運営しているという安心感も人気の理由の一つです。
申し込みを迷っている方はこの機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。